抜きゲー批評空間 1回目

さて
所謂エロゲー愛好者の中にも、エロが必要と言う人と、そうでない人がいます。
後者に対しては、じゃあお前は一生、家庭用ゲームやってろと思いますが。
そこは、やはり型月厨とか怖いので・・・
まぁ広い心で、数少ない仲間なので仲良くしていきたいですよね。


何故、エロゲーはエロシーンがあるのか?
勘違いしている人がいますが、ハリウッド映画にエロシーンがあるよりも意味があります。

個人的な意見としては、エロがあることで感情移入がしやすくなると思っています。
例えば、名作“君が望む永遠”では主人公と水月と遙の関係が濃密に描かれています。
肉体関係を結んでいるのに裏切るとか、はたまた寝取られるなど、エロシーンを見ているからこそ
「え、なんで?主人公を好きなんじゃないの?」
と、より強く思うのですよ。
やはりプレイしている我々も感情移入をしてしまうのでショックが大きいですよね。
そこだと思うのです。

まぁ極論を言えば、初エッチのシーンで破瓜シーンがないと
「は!?誰だ!俺の嫁を(ry」
と、思うでしょう?
あれだけ貞操観念が強かった“つよきす”の乙女さんが毎日放課後に呼び出されて陵辱されており、処女じゃなかったら?
マウスぶん投げるでしょう?
現実世界だとそんなのhゴフゴフ


そういうものなのですよ。


さて、じゃあ18禁ゲームの醍醐味は?

例えば地上派で放送しているアニメにおいて、眼帯(片目)のキャラは出せない(出しにくい)ことはご存知ですか?
表現の自由とは別に、差別表現にはかなり厳しいのが現実です。
そういった条件で作品が純粋に楽しめるのか?
そう思うわけです。
むしろ、そう思わない人はオタクではないと思います。やったね!

すると、陵辱オンリーの所謂、抜きゲーは許せないってことじゃないの?
と、お思いのことだと思います。

いやいや、純愛ゲーよりも、純愛たれ!それが陵辱ゲーなのですよ。

純愛ゲーばかりで、陵辱はやったことがない!という人がいますが、常々思います。
もったいない!

そんな、埋もれた名作を紹介するコンテンツ
抜きゲー批評空間 リリカルマジカルはじまります。







栄えある第一回は
ALL-TiMEさんの“時間封鎖”です。


ストーリーを私なりにまとめてみます
--------------------------------------------------------------------------
主人公は、特技らしい特技もなく、平凡な学生。
物事に対して一定以上の興味を示さないため、努力することがなく入学以来、学業・運動ともに赤点スレスレ。
だが、いつの頃からか凌辱願望を持つようになってしまう。
とはいえ、その欲求は理性によって抑えられる程度のもので、日常生活に支障はなかった。

そして秋、両親の離婚がキッカケで、二人暮しをしている真藤姉妹の家に居候したり、絶縁状態だった幼なじみと数年ぶりに言葉を交わしたり、クラスで人気の女の子と親しくなったり。
そんななか、小山内さんとの下校途中、それは突然に起きた。

「――おまえの、おまえだけの世界を与えてやろう」

どこからともなく聞こえてきた囁きと共に―――時間が止まった。
羽ばたく鳥たちは空に縫い付けられ、流れる水は一瞬で固体と化した。
主人公を除くすべてのモノが活動を停止していた。
--------------------------------------------------------------------------


導入部分の内容はこんな感じです。
ここから話が動いていきますが
攻略可能なヒロインは、

クラスで人気の子=小山内ほのみ(春乃伊吹さん)
幼なじみ=神野麻耶佳(小倉結衣さん)
主人公を引き取った姉妹=真藤凜子、華(彩世ゆうさん、金田まひるさん)
キーパーソン=奈瀬優(如月葵さん)

この5人となります。

実は時間操作モノのゲームは意外にも数えるほどしかなく、そのことからシナリオの難しさが想像できます。
能力的にも自由の幅が大きいのでしょうね。
しかし本作品は能力に関して、かなりよく練られていることに驚かされます。
もし時間を操作する能力を手に入れたら?
ということを考えてもらえば分かると思うのですが、主人公もそのことに関して作中でかなり考察をしています。
持続時間とか、範囲とかですね。
そういった細かなことが明記されるので、矛盾がなくなります。
能力的には、“世界全体静止”“部分解除”の2つです。
例えば、ドアを開ける際には“世界全体停止”→ドアのみを“部分解除”という流れになります。


次に、この時間封鎖を生かした陵辱シーン。
これがかなりの秀逸。

声優さんがもう豪華なので、そこで察することもできますが・・・
シーン的にお気に入りなのは

凛子に対し、ストーキングをすることで水分の摂取を封じ衰弱させる

でしょうか。
全校集会において大勢の前で全裸にさせる、時間を封じることで、時間の感覚を0にして連続でプレイなど
お決まり?のシーンも完備していますが、水分封じには驚きました。

また、小倉さんの演技が素晴らしいです。
それだけで買う意味は十分にあります。



さて、まず4人を攻略(一方的な陵辱ED)が終わると
キーパーソンである奈瀬が出現し始めます。
ここから、奈瀬を軸としてこの世界の解明が始まります。


どうしてこの能力を手に入れたのか?


実はこの世界は現実世界ではなく―――
並行世界、つまりはパラレルワールドの話となります。
どういうこと?
主人公の設定で他者との関わりを極端に拒絶する、という性格があるのですが。

世界から切り取られた瞬間に、主人公は理想の世界を手に入れた

無意識のうちに、時間停止能力を選んだ

と、いうことになったらしいです。
本来ならば、ハーレムな世界というのも有り得た訳ですが、他者との関わりを否定した為に
現実とかわらない世界が構築されたということになります。

つまりは
小山内さんと下校中→→→変な声聞こえた!→→→時間止まったよ!→
   ここまで現実   |  ここから並行世界


奈瀬は無意識に主人公が作成した、並行世界唯一のオリジナルであり(現実世界には存在しない)
主人公の陵辱の邪魔をしてきます。
この辺りが作品のツボなので是非、プレイして頂きたいです。


そして、その全ての事実を知った主人公は現実世界に戻るか?このまま留まるか?
の選択を迫られることとなります。


並行世界の麻耶佳に説教をされて、現実世界の麻耶佳を振り向かせたり

並行世界で凜子に教わったカクテルを現実世界の凛子に出して驚かせたり

あの時間が停止した時(=主人公が世界からいなくなった)からずっと同じ場所で待ち続けるあの人に会ったり←プレイしててこのシーンでおお泣き


日常部分も細かく描写したからこそ、最後は「あああああ!」と思うシーンになります。
この時間封鎖能力を得て過ごした時間というのは、主人公の過去への葛藤という時間に言い換えることができるのだと思いました。
何故、麻耶佳が主人公を嫌いだったのか?
これを、並行世界の麻耶佳から聞くとか、すごくジーンときます。

過去への決着をそういった形で経験することで、前を向くことができる
そういった考え方も、この複雑な現代社会ではアリなのではないか?
何か嫌な事があっても我慢をせずに時には全力で逃げてみては?

そんな風に思い、また勇気付けられてしまう作品でした。
スポンサーサイト



コメント

Secret

No title

こういう時間軸や記憶を絡めた、人との繋がり的な物語は好物なので、
凄く興味が沸きましたヽ(´ー`)ノ 同じシーンで大泣きしそうです…!

販売価格を見て泣きたくなりましたが。お高いわぁ

No title

うわぁぁああ
コメントありがとうございます。
正直、文が長く読みにくいので、読んでもらえるかなぁと心配をしておりました。
よかった・・・これで、抜きゲ批評空間は継続して書くことができます(`・ω・´)

私がまだ子供だからかもしれませんが、純愛ゲームでも、
「前世で守ってあげるって約束したから・・・!」
とかそういうシーンで大泣きしてしまいます。
いいですよね(*´ω`)

>時間軸や記憶を絡めた、人との繋がり的な物語
ちょっと記憶から引っ張り出してみますね!
勿論、抜きゲのカテゴリーで!w


お店での販売価格はこれより、2kほど安いですよー
ヨドバシカメラとかで7kくらいですね。
中古だと5kくらいになりますけれど、純愛作品は割りと安くなるのですけれど、抜きゲは値段が下がらないのですよねぇ・・・
プロフィール

かおり

Author:かおり
今年の目標は体重を戻す(`・ω・´)
個人的な推しメンは、鈴谷まやさん

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リンク