夢の無限回廊

ずううっと週1のお休みだったので、もう床を(^ω^)ペロペロする感じで
日曜日はぐったりだったのですが。

久しぶりの2連休ということで、頑張っちゃいました。
ハピメア”フルコンプしました。

ハピメアの前にフルコンプしたのがなんだっけなーと
思ったら“キミへ贈る、ソラの花”でした。
このキミソラも中々の良作で・・・

と、いうことで今回はハピメアの感想
未来ノスタルジアから、パープルがどう変わったのかが見物でしたよね。






主人公は“明晰夢”を見れるという設定。
明晰夢を見れるという異世界を入れ込むことで中々よい設定になっていたんではないでしょうか。
そこのところの議論はまぁいいのですが、個人的には各ヒロインの役割がしっかりしており
また、且つ落としどころもしっかりしていて好感が持てました。
夢ということで、プレイヤーも夢なのか現実なのか分からなくなるという読ませ方はよかった。
ですが、結果的にそれがダレるということもあるので、その点を更に考慮していたならば
もっと化ける作品であったでしょうね。ものすごくもったいないです。

まぁ流石に、トゥルールート後にみんながどうなったのか?
そういった部分をもっと知りたいなーと思うくらいにはいい作品でしたし、
紫の商法としてFDくるのかなー明日の舞亜に会えるのかなー?
そんなことを思ってしまいま。

なんか感想をお願いしますと言われたので、ネタバレをしない程度に書かなくては
いけない部分がプレッシャーなんですよ?にいさん?


いやもう全快でいくか(キリッ

各ヒロインの夢を、夢の問題を解決して、攻略していくという流れ。
ただし、基本的に最後のトゥルールートの複線扱いなのでなんともはや
どうせならルート固定にすべきなんですけどね。



・蓮乃咲
主人公の自称妹。
と、いうのも主人公が明晰夢を見てしまうようになったことに起因しています。
主人公から妹として扱われたい、振舞わなきゃいけない
その部分の葛藤がよく描かれていました。
よくある妹や幼馴染という概念に捕らわれていなかったのがGOOD
主人公と舞亜、咲の関係が分かるルート。
主人公に夢を見続けさせている舞亜を倒して終わり。


・弥生・B・ルートウィッジ
主人公の先輩
なんですが、個人的にシナリオは一番好み。
こう、世の中を斜に構えてっていうシナリオは私すごく好きでして。
他の2人と違い、夢のなかでいたい、という願いから、舞亜を吸収。
自分が夢の核となることを願うというルート
説得して終わり。


・平坂景子
咲のクラスメイト
自暴自棄なところを主人公に助けられて懐く。
景子自身の問題は、家族との確執であり、それを解くのがこのルート
正直、ちょっとクドい展開が続くのですが
青葉りんごさん可愛いで十分乗り越えられるレベル
笛吹いて終わりとかじゃないですしね。



・内藤舞亜
主人公の妹
幼い頃に、事故で死亡
以来、救えなかったことの禍根より主人公の夢に登場
結局、最後まで主人公の夢を操っていた悪者という認識で話は進む
ところがよく考えると、ずっと主人公の味方しかしていないことが分かります(クリア後)




・鳥海有栖
本体の理想像。
主人公やヒロインを夢の世界に閉じ込めている元凶。
それを知って、主人公は、ヒロインはどうする?
どうやって、夢の世界に向かい合うのか、というのが本作の核ですよね。
パラレルなどではないですが、とてもよかったと思います。


総評
未来ノスタルジアには遥か及ばずな出来、ですが、紫としては最良作でしょう。
妹(舞亜)が死んだ部分や葛藤が弱いのが個人的に評価を下げていますが
ヒロインの設定がよかったのでまぁよし。

舞亜は、遠野そよぎさんで非常にハマリ役でしたが、井村屋ほのかさんでもいけるんじゃないか?
と、思う私でした。





スポンサーサイト



コメント

Secret

プロフィール

かおり

Author:かおり
今年の目標は体重を戻す(`・ω・´)
個人的な推しメンは、鈴谷まやさん

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リンク